内祝いや香典返しではマナーを大切にしよう

内祝い

豊富な種類から相手に喜ばれる内祝いを選ぼう

内祝いを贈る時は頂いた品物よりも高額、または低額にならないように気を付けましょう。また、ご自身の好みで購入するのではなく、相手の好みに合わせた品物を選ぶ事が大切です。

カタログ

カタログギフトに決めたら割引のある所を利用する

通常よりも割引された商品をギフトとして選べるだけでなく、エステの割引券なども送り届けてもらえるのがカタログギフトの魅力です。相手の好みに合ったギフトを選びやすいために、何をプレゼントするか迷っている時に役立ちます。

香典返し

香典返しには贈る相手と故人の思いを詰め込む

香典返しをする際にはまず贈り物を包む包装に注意し、失礼にあたらないように心がけましょう。贈り物は肉や魚、お酒は選ばず、金額が明確に分かってしまう商品券などは避けるようにしましょう。

内祝い

意外と困る内祝いはネットのサイトも活用できる

内祝いは、お祝いをもらった相手に合わせて商品を選ぶ必要があり、たくさんの商品を取り揃えているネットのサイトは大変便利です。送りたい相手に合わせて注文内容を変更でき、熨斗やメッセージカードなどのサービスが充実していることが特徴です。

内祝いや香典返しを考える前に知っておきたいこと

日本では、古くから贈り物の習慣があります。代表的な例としては、お歳暮、年賀状、お中元、暑中お見舞いなどが挙げられます。他にも、内祝いや香典返しといった特別な例でも贈り物をわたす習慣が日本には存在します。贈り物をもらった人は嬉しいものですが、日本の贈り物文化には、マナーや礼儀といった見えないルールがあり、マナーや礼儀に気をつけなければかえって失礼と思われることもあるので注意が必要です。誕生日や母の日などのプレゼントは特に問題ないのですが、内祝いや香典返しといった特別な贈り物は、基本的な知識を身につけたあとに贈り物を選ぶことが大切です。ここにあるコラムでは、そんな内祝いや香典返しに関する基本知識が紹介されています。また、カタログギフトや香典返しに関する体験談を読むことも可能です。知識を身につけておくことで、相手が喜ぶ贈り物を選びやすくなるでしょう。これから贈り物を考えている方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

口コミ

カタログ

割引などお得になるカタログギフトの探し方を聞いてみました!

内祝いやお返しとしてカタログギフトを贈るのが主流になっていますが、業者がたくさんあるので迷ってしまいます。大量に購入すると割引をしてくれる業者もあるため、サイトを隅々までチェックすることが大切です。

香典返し

体験者の声!香典返しを業者に頼んで良かったこと

香典返しは、贈る人数が多いほど準備も大変になります。また、贈ってはいけない物、マナーなどもあるため、専門の業者にお願いする人も多いようです。口コミでは、贈る相手に合わせた品物を提案してもらえるほか、大量注文もでき便利だと高評価です。